乳首を限界まで責め立てる!「五反田シルキータッチ」に潜入【前編】

物心ついたときから乳首を責められるのが大好きな恥レンジャーです。
若かりし頃は、毎日&長時間にわたって彼女に乳首を舐めてもらった結果乳首の色素が薄くなったこともあるほどです。

いい年こいた大人になった今でも、プライベートなセックスではできるだけ長く乳首を責めてもらいたい。
なんなら、ずっと責めていてほしい。
極力、あなたのマグロでいたい。
そう願ってやまないほど乳首が大好きなのですが、プライベートのセックスで
そんなマグロ状態でふんぞり返っていたら、彼女に愛想尽かされるだけです。
なので、いつも性的には不完全燃焼が続いておりました。

そもそも、出産もしないし母乳も出ない男性に、なぜ乳首がついているのでしょうか?
「お腹にいるときは誰もが最初は女で、そこから男に分かれるため、その進化の名残」
という説もありますが、いまいち納得感がありません。
乳首が好きすぎて、そんな哲学めいたことまで考えてしまう毎日を過ごしていた僕に、ある日、悪友からこんな吉報が寄せられました。

「五反田に、乳首専門の風俗があるってよ」

悪友から「桐島、部活やめるってよ」ぐらいのニュアンスでさらりとそう言われたとき、全身に戦慄が走りました。間髪入れずにスマホで検索。店の名は「シルキータッチ」といい、乳首に特化した高級手コキ店でした。
そして、トップ画面にはこんな売り文句が書いてありました。

【時間いっぱい乳首を濃厚愛撫。発射の瞬間も発射後の余韻のひと時も
 貴方の敏感乳首はお留守に致しません】

僕はこの店に行くために生まれてきたのかもしれない……。
あまりにも魅力的な単語が踊っていたため、本気でそう思ってしまいました。

女の子は「シルキー・コンパニオン」「AV女優」「プラチナAV女優」の3コース。
一番安い「シルキー・コンパニオン」はモザイク入りのため選びづらく、モザなしの「AV女優」のなかから出勤情報と照らし合わせ、藍澤みう嬢をチョイス。
すぐさま店に電話を入れ、無事予約することができました。
AV女優コースの彼女は60分で基本料金が13000円に加え、指名料が2000円。
手コキ店だと考えれば、なかなかの高級店だと思います。

「うちは完全女性主導のお店なので、女の子へのボディタッチは厳禁でお願いします」

電話口でお店の人にそう念を押され、急に緊張感が走ります。
HPを改めて見ると、女の子は着衣のままプレイ、キスや生フェラはナシ。
有料オプションでトップレスやゴムフェラはありますが、とにかく女性に身をまかせる
ことが何度も強調してありました。

その日はちょうど土曜日。予約した時間の少し前に五反田のラブホ街に赴くと、土曜日だからなのかリーズナブルなラブホはどこも風俗客とおぼしき人たちによって満室。
予約した時間が迫っていたため、慌てて近場のラブホに入り、2時間5900円という
そこそこ強気な値段設定の部屋をなんとか確保。

生唾をごくりと飲み干し、お店に部屋の番号を伝えて、女の子が来るのを待ちます。
そのとき、乳首はすでにピンピンに立っていました。

後編に続く

プレイ時間
60分
コース料金
15,000円
入会金
指名料
2,000円
交通費
--円
ホテル代
5,900円

乳首愛撫専門店「五反田シルキータッチ」

電話番号: 03-6417-4200

「くちナビを見て」と、伝えるとスムーズにお問い合わせできます。

店舗詳細を見る

私が調査してレポートを書きました

口コミを見る

書き込みがありません

口コミを書き込む

*のついた項目は入力必須項目です。

 メールアドレスは公開されません。